リンク集3

犬の皮膚病と聞くとちょっと耳慣れない気もしますが、実は非常に多い病気なのです。犬は皮膚病にかかると、かゆがって体を掻きむしり、さらに病状を悪化させてしまうこともあります。従って、一度かかってしまうと治りにくく、何ヵ月、最悪の場合何年も、ひどい症状に悩まされることになります。

犬の皮膚病には、ダニなどによる寄生性皮膚病をはじめ、細菌性皮膚病、カビが原因となる皮膚病、アレルギー性皮膚病、さらには内分泌異常や腫瘍などさまざまな種類があります。できるだけ早く病院へ連れて行って、原因を解明し治療してあげるようにしましょう。

犬がいったん皮膚病にかかると、かゆみからくるストレスのせいでイライラし、それが原因ですぐに吠えたり噛み付いたりするようになる恐れがあります。また最近は室内で飼われている場合が多いため、皮膚が乾燥しがちな犬が増えており、その乾燥が原因で皮膚病にかかる犬もいるそうです。

犬が皮膚病にかかったら、とにかくすぐ獣医に相談し、その原因を取り除いてあげることが大切です。さらにできるだけストレスが溜まらないように、普段の食生活など生活環境を改善してあげることも必要でしょう。


Warning: file(http://next-level.biz/sys/link/64): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sites/heteml/users/t/a/i/taibou/web/lyd/link15.html on line 46

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sites/heteml/users/t/a/i/taibou/web/lyd/link15.html on line 48