リンク集(介護・育児)

腎臓病の主な治療には、安静・保温・薬物療法、そして食事療法があります。中でも病気の進行を抑えるには、食事療法が有効だと言われています。

万が一慢性腎炎や慢性腎不全になっても、食事療法を続けていれば、健康な人と同じように生活することができるのです。

腎臓病の食事というと、誰でも思い浮かべるのが「食塩を減らす」ということでしょう。そして次に重要なのが、タンパク質の制限・十分なエネルギーの摂取です。具体的な食生活については、担当の医師の指示や、管理栄養士の食事指導に従わなければなりません。

もし、腎臓病の食事療法を間違えてしまうと、どうなるのでしょうか。例えば食塩の摂り過ぎはむくみや高血圧を引き起こし、タンパク質を摂り過ぎると血液中の老廃物を増やしてしまいます。また糖分と脂肪の摂取が少ないと、尿素や窒素などの老廃物が増えて、腎臓にさらなる負担をかけてしまいます。

腎臓病の食事では、体内に老廃物を蓄積させないようにし、健全な日常生活ができる栄養状態を維持することが目的となっています。担当医や管理栄養士に相談しながら、食生活を改善していきましょう。


Warning: file(http://next-level.biz/sys/link/56): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sites/heteml/users/t/a/i/taibou/web/lyd/link07.html on line 50

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sites/heteml/users/t/a/i/taibou/web/lyd/link07.html on line 52